お問い合わせ Tel. 059 - 222 -7776
三重注文住宅 ナチュラルAPOA 
〜自然素材とアンティークに暮らす生活〜
三重注文住宅/自然素材住宅のコンセプト

▶ナチュラルアポアの住宅コンセプト

▶経済発展途中の住宅は、素材もわるく時間の経過とともに風化していく

日本は古来から「物造り」に長けた伝統と文化を持ち合わせていました。
ただ、高度成長期の住宅は、材料費や、素材の量の問題で、一般庶民までいきわたらない時代であり、程度の低い住宅が多くつくられて来ました。
住宅メーカーも簡単で手間のかからないような化学製品を使った住宅を量産し、世界からよい住宅と評価されない商品を家電製品のようにつくり続けています。
また、日本にも木材があるにも関わらず、海外から木材やベニアを、重油・ガソリンを焚いてCO2をばらまきながら、輸入したり、輸入住宅と称し運賃に相当かけて海を渡らせ日本の風土に合わない外材で住宅をつくり、本来の日本の良さを伝えきれない住宅を、海外の人に頼ることが本当にいいと思うのでしょうか。
日本にはない優良な商品や資材を輸入することはグローバル化の流れから良いとおもいますが、この時代に、日本にお金の循環をつくらないで誰が助けてくれるのでしょうか。
古来の日本建築、を見ても高い技術力がある事は証明されています。その技術を生かしながら、新しい技術と融合させた日本の長期優良住宅で、自然とうまく共存し、なるべく天然で自然な素材を使った、ゆったりと時を過ごせる家。それを飾ることで癒され、住む人と同じ時間を過し、一緒にアンティークになる住宅は、新建材の寄せ集めや海外のレプリカな住宅では、年月を一緒に過ごし価値のある住宅には決してなれないのです。

▶ナチュラルAPOAが考える良い家、良い空間

今の住宅は、車や家電のように時期がきたら、新しいものに買い換えるというサイクルの商品で、家を造るとは違い家を買う、売るというニュアンスの物になっています。
良い家とは、時間がたつごとに味わい深くなり、生活の一部になり、そこにいる時間がいとおしくなるような場所。
庭をずっと見ていたくなり、家と庭で風や太陽を感じたくなるような空間・・・
家族のためにあり、五感にうったえかけ、自然と共に暮らせる場所となり、自然の恵みを味わえ、楽しめ、家族を守る、それが良い家ではないかと思っています。

▶家を誰のために、なぜ建てるか

なぜ家を建てるのか?
家族を守り、子供を守るために家は存在し、建てるのではないかと考えます。
アフリカでは、猛獣から身を守るために木の上に家をつくり、ヨーロッパでは湿度が低く空気が乾燥しているため岩肌に穴を開け家をつくったと言われています。
日本は、古来から木の家に住み、土壁、畳、障子、襖の中で育ってきたDNAがあります。日本の風土で育った木を使い、木の温かみが伝わる無垢のフローリングと湿度の多い日本では、調湿効果のある漆喰が家族の健康を守り、遺伝子的にも風土的にも適しています。
一人前に成長するのに長い時間がかかる動物は、子供を育てるための巣や一定のナワ張りがどうしても必要です。
動物の巣づくりは自分の子どもを一人前に育てるためにあるということです。
人間の住まいづくりも同じで、子どもを育てる巣であり、子どものためにあるべきです。
子どもが健やかに育つための安全性、快適性、子どもの感性や能力を伸ばすための機能性を備えた家こそが本来の住まいの役割です。
色や音が赤ちゃんの脳の発達に影響し、部屋の色で子どもの性格が変わることも分かっています。間取り、素材、インテリアが大切です。
「人が住まいをつくるように、住まいも人をつくる」と言われます。
住まいが人間形成の上で大きな意味を持ち、環境の良し悪しが子育てを左右することは確かです。
また、大人も同様、時代の移り代わりでストレスが急増して、ノイローゼや鬱になる人も少なくありません。そんな時代だからこそ日本人のDNAの原点にもどった生活空間をつくっていく必要性があります。

▶子供たちが集い、楽しく会話ができる家、その家の価値をリモデルし継承し、 世代を越え財産となる

赤ちゃんを一人前の人間にするのはしつけが大切です。人間の能力、性格は幼少期に形成されるといわれます。幼少期にどういう環境で育ったかが、一生を左右するほどの影響力を持ちます。
大きな壁に本物の良質な絵画を飾ることは、それを見て育つ子どもの芸術的な才能を開花させるために、好影響があるといわれています。
日曜大工の道具が身近なところにいつもあって、父親が何かをつくって、子どもと作業するのもいでしょう。書棚があって、本が並んでいるとという本に囲まれた空間なども大切でしょう。
庭には花が咲いて時季が来れば枯れて、また、芽が出て蝶が飛び、虫が動いているといった自然のサイクルに日常的に触れることからも、子どもはいろいろなことを学びます。
子どもと対話できる環境をつくり、才能を伸ばすようなさまざまな仕組み、仕掛けを家の中に用意することもしつけのひとつです。
その生活全部を継承していき、世代を越えた財産としていく事が大切だと考えます。

▶国産材、三重の木を使う理由

日本の森林資源が持続可能な循環社会をつくることにより、市域の活性化を図る事が大切だと考えます。
日本の木は、現在の木材使用量から計算すると、およそ205年分の蓄積があるといわれています。
伐採して有効かつ長期に活用し、もう一度植林する時期に来ています。
伐採され加工された後もCO2を保持しつづけ、貯蔵する第2の森でもあります。

▶集成材をつかっても良いわけ

集成材というと無垢の木材より劣るというイメージを持つ方がいらっしゃると思いますが、実際は無垢の木材より寸法変化が少なく、表には見えない欠点を取り除きながら工業製品として製造されるので、一定の強度を確保できます。
背割りができないため、強度低下や寸法変形が起こりにくく、強度にバラつきがなく無垢材の1.5倍の強度を持ちます。
間伐材を利用できるため森林の有効利用もできます。
柱の芯まで含水率を10%以下まで乾燥させることで、狂い、収縮を減少させます。

▶お問い合わせ先

お問い合わせはこちら

株式会社アポア
三重県津市藤方1704-2
TEL 0120-790-834
メール:m-onishi@hwa-h.com
トップページ
APOAのイベント
三重注文住宅/自然素…
ナチュラルAPOAの自…
注文住宅/自然素材の…
注文住宅/自然素材の…
ナチュラルAPOAの安…
建てるならやっぱり…
〜ナチュラル素材に…
自然素材に合わせる…
注文住宅【施工例】
ナチュラル生活〜自…
ナチュラル生活〜蜂…
【動画】三重注文住…
モデルハウス価格例
自然素材住宅にアン…
アンティーク雑貨
アンティーク ステ…
世界に一つだけ!!船…
菜園ガーデン注文住…
ガーデンファーム
インテリアグリーン
癒し空間
【微気候デザイン】…
APOA CLUB
くらしのニュース
庭の話
住建住康
住まい文化の栞
住まいは巣まい
お問い合わせ
メルマガの登録
HABITA構造
APOAへのアクセス
リンク集